>

災害時に備えてライフラインを確保する

最低限これだけあれば大丈夫

災害時のために、必要な備蓄は沢山ありますが、最低限必要なものはお水と塩だと思います。
塩も食塩ではなくミネラルたっぷりのものを用意しておきましょう。とりあえず3日分の飲料水と塩は確保しておきたいものです。
缶詰などの食品も必要ですが、少々お腹がすくくらいは我慢できるものです。しかし水分を我慢するのは健康にかかわるので避けてください。何がなくてもお水だけは確保しておくことが重要です。
その他は、簡易トイレを備えておくことも重要なことです。トイレを我慢することも健康に良くないことなのでやめましょう。飲料水だけではなく、こういったトイレを流すためのお水を入れるタンクも用意しておくと安心です。
その他食べ物は、非常時に蓄えておくだけではそのうち賞味期限が過ぎて食べられなくなるので、普段から食べられるような缶詰を備蓄しておくと良いと思います。

家族人数分の非常時用リュックを用意する

いくらお水や食料品、簡易トイレや懐中電灯などを用意しておいても、いざという時に持ち出せなくては意味がありません。
避難所に行くにしても荷物は最小限にとどめておきたいですよね。そんな時は家族一人一人が持ち出せるように災害用品を入れたリュックを家族人数分揃えておくと便利です。避難時には一人一つリュックを持っていくだけで最低限必要なものが避難所で揃います。特に必要なのはお水なので必ず入れておきましょう。
その他にも簡易トイレ、防寒グッズを揃えておけば3日くらいはしのげるはずです。3日間しのげれば何だかの形で支援物資も届くと思いますので、当座はしのげます。余震も落ち着き家に戻ることが出来れば、その時にまた必要なものを取り出しておきましょう。


この記事をシェアする